エンタメニュースゴシップ速報

話題の芸能人の裏情報や熱愛 トレンドネタをお届け

ダイエット・肉体改造の極意。2ヶ月という短期間で理想の体を手に入れろ!

      2017/07/10


スポンサーリンク



食生活のたるみや筋肉トレーニングの怠り、年による筋肉量の低下。
誰もが憧れる男性は細マッチョ、女性はモデル体型
そんな体になりたい。と誰しもが思っているはず。

やっぱかっこいい、キレイのほうがいいですよね。

改めて自分の体を見直すと「なりたいけどもう手遅れ」とあきらめていませんか?
そんな理想の体を目指すあなたのために記事を書きました。

最近だとCMで某トレーニングジムが短期間で劇的に変化と一般人からタレントまでみんなやせてますよね。
CMを見たら「あのジムに行けば理想の体型に・・・」


違いますw

それはあのジムに行ったからではなく、あのジムが適切なやり方 をしているからです。

rizap_topbannerj_head2

間違った考え方は絶対NG

まず、肉体改造といったら根本を理解すことから始めるのをお勧めします。これをわかっていないと間違えた痩せ方、鍛え方では厳しくて長続きしません。そして痩せません。

僕の家の周りにもふくよかな体型の方が毎日早歩きしてますが見た目はここ何ヶ月変わっていません。多分ですが歩くことしかしてないのではないでしょうか?

それは世界丸見えでやっている世界のおデブさんたちがやっていることと同じです!
エアロバイクで30分汗ダラダラでやって画面見たらカフェオレと出てたりします。

まだ飲み物かw

有酸素運動だけではなかなか痩せませんね。
ちなみに短期間で話題の某トレーニングジムでは、有酸素運動は一切やりません。
ネットでも出てきます。

どっちかと言うと心肺機能を高めるために行います。
一般的に筋トレだけです。筋トレというと筋肉を鍛えるためじゃないのだったり、筋肉はつけたくないと思う人やゴリマッチョは絶対嫌というひともいると思います。

それは筋トレのイメージを間違えています。
それをこれから解説していこうと思います。

肉体改造を始める前に自分の基礎代謝量を図ろう。

Unknown

スポンサーリンク




ジムなどには基礎代謝量が図れる体重計があると思います。私もジムで一度測りました。
基礎代謝とは寝てるだけでも人間が消費するカロリーです。

この基礎代謝に摂取カロリーが収まっていれば。太りません。
当然基礎代謝をかなり下回っていれば当然痩せます。

自分の数値を知ることができれば痩せる目安の摂取カロリーがわかりますね。

基礎代謝量は筋肉と比例する

col2_img2

前項目で解説した通り痩せるには走ることよりも基礎代謝量を上げることです。
そうすることで痩せてくるし太りにくいです。

基礎代謝を上げるには筋肉量が多いほうが格段に代謝量が高いです。
そのため体の筋肉を高めなければいけません。

安心してください。素人の筋トレくらいじゃ目に見えるくらい筋肉はつきませんし、もしついたとしても少し運動しなければ筋肉は落ちます。

最近モデルさんが筋肉がつきやすい格闘技に打ち込むのもこういうことですね。

筋トレと使う筋肉を意識する

-e1438692477206

これは意外と重要です。以前知り合いがお腹上を鍛えたいと腹筋に励んでいましたが、足が体育座りでの腹筋でした。
完全に鍛えられるのは腹筋下です。

間違った認識だと鍛えたいと思っていても鍛えられません。

低カロリー高タンパクの食事を心がける

new_meat-658029_640

これはもう筋肉をつけるためです。元がなければ筋肉はつきません。

ただ、栄養はしっかり取らないといけないので野菜をしっかりととりましょう。

理想のダイエット方法とは

いろいろなダイエット方法が本やテレビなどで紹介されてますが、

ほとんどのものは効果を期待できません。

テレビのモニターも実際に痩せた人を使っているだけです。

まあ、あんなにみんながみんな痩せるわけはないですよねww

実際、お勧めしたいダイエット方法は炭水化物抜きダイエットです。

名前は炭水化物抜けばいいのかと思いますが、必ず筋トレを毎日続けてください。

そうすれば十分効果を発揮できるダイエット法だと言えます。

しかし、リバウンドが怖いのでちょっとやってすぐ辞めるような人は安易に

手を出さない方が無難と言えます。

最後に

ここでの文章はあくまでコツとポイントです。
一番大事なことは【絶対に痩せると】いう曲がらない心と
【途中で挫折しない】折れない心です。
それがなければ何をしてもうまくはいきません。
理解した上で実施すれば絶対に理想の体型に近ずくはずですので、トライしてみてはいかがでしょうか?

最後までこの記事を読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク



 - ネタ一覧