エンタメニュースゴシップ速報

話題の芸能人の裏情報や熱愛 トレンドネタをお届け

滝沢カレンの日本語はやらせだった事が判明!宮本エリアナが藤田ニコルと一緒に滅多斬り!

   

滝沢カレンといえば明らかにおかしい日本語を使い、番組の進行をいつも遅らせているハーフタレントだ。

そんなハーフタレントに対して風当たりが強いのが他のハーフタレントたちだ。

そして番組で共演した際にミスユニバース日本代表の宮本エリアナがついに火蓋をきったという情報が入った。

その発言が、相手の事を考えない強烈なパンチだったらしいので今回紹介します。
スポンサーリンク




宮本エリアナが滝沢カレンのやらせをばらす。

スクリーンショット 2016-06-13 13.39.08

以下引用文

2015年の『ミス・ユニバース世界大会』の日本代表に選ばれた宮本エリアナ(21)が、21日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。アフリカ系アメリカ人の父と日本人の母を持つ宮本が、共演したハーフタレントに厳しい言葉を浴びせて話題になっている。

冒頭の企画「生で言っちゃう!? 乱闘必至 マジクレーム バトルロワイヤル!」で、宮本はいきなり先制パンチを繰り出した。

標的になったのは、父がウクライナ人で母が日本人のモデル・滝沢カレン(23)と、ロシア人とポーランド人のハーフである父と日本人の母を持つ藤田ニコル(18)だ。

「アナタたちのせいでハーフがバカだと思われている」と口火を切った宮本。普段から敬語で話すことを心がけているという宮本は、初対面の人に「きちんとした敬語が使えるんだ!?」と驚かれるとのこと。

そういった場面では、決まって「ハーフなのに…」という言葉がつくという。そんなハーフのイメージを作り上げたのは、バラエティ番組でのトークで不思議な日本語を使う滝沢や、“おバカキャラ”でブレイクした藤田だというのだ。

 これに対して滝沢は、「私はなんてことなく、これで“いきがって”きた」と、相変わらず不可解な言い間違いをしながら反論。どうやら「私はなんの問題もなく、これで生きてきた」と言いたかったようだが、そんな解釈をする前に宮本は「日本語がなってない!」「ちょっとオカシイんじゃないの?」とバッサリ。

続けて、「でもさっき楽屋では普通に話していましたよね?」とイジワルな発言で追い込み、滝沢を黙らせた。
このやり取りを見た藤田は「楽しければいいんじゃないの?」と、仲裁するかのように割って入ったのだが…。宮本は「意味がわかんない!」と、これまた厳しい言葉を浴びせて一蹴し、またしても藤田を黙らせるのだった。

 そんな彼女たちと同じハーフタレントでモデルのMALIA.(33)は、「世代の違いかもしれない」とコメント。以前のモデル界は、かなり先輩後輩の上下関係が厳しかったようで、目上の人に敬語で話すことは当たり前だったという。

しかし、それが最近では崩れてきているとのこと。宮本はこの話を大きくうなずきながら聞いていた。現在のモデル界に対する思いが、滝沢や藤田への厳しい言葉に反映されていたのかもしれない。

「宮本さんは『ミス・ユニバース世界大会』の日本代表に決まった際、ネット上を中心に心ないバッシングを浴びたことがあります。ルックス的に日本人離れしていることから、『なぜ彼女が日本代表なんだ!?』という声が相次いだのです。ただ、宮本さんは日本代表に選ばれたときのインタビューで、『批判は覚悟の上』と語っていた。ハーフへの偏見や差別をなくすためにも出場を決意したとのことで、そういった気持ちが今回の番組での発言に表れたのだと思います」(芸能ライター)

 ハーフ系のタレントの中には、歯に衣着せぬ物言いで注目を集める人もいるが、宮本の発言はハーフのイメージそのものを向上させることになるのかもしれない。1年に及んだミス・ユニバース日本代表としての活動を3月に終え、最近では『有吉反省会』(日本テレビ系)や『7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート』(TBS系)などに出演した宮本。ハーフタレント界をさらに盛り上げる活躍を期待したいところだ。

スポンサーリンク




ハーフタレント競争の感想

スクリーンショット 2016-06-13 13.41.31
やっぱり滝沢カレンはやらせだったのかwww かなり怪しいと思ったんだよね。自分の周りにもハーフの人いっぱいいるけど、片言の人はいるけどあんな変な奴はいないもん。

滝沢カレンは小さい時から日本いたらしいから、さすがに無理ある設定ですよね。

宮本エリアナが怒るのもなんか納得です。

確かに最近のハーフ事情は行き過ぎのような感じがしますね。前はしっかりしゃべれる日本人だけでしたが片言日本人を採用するようになってから、だんだん変わってきましたね。 ローラ・チャンあたりですかね。

そこからローラもよくわかんないキャラでブレイクしましたねwww あれはあれでかわいくていいですけど。
でもあのキャラはハーフだからではないですよ。もともとローラは小さい頃から日本の学校通ってて、本名は佐藤エリって言いますからね。

外人っぽく髪染めたり、カラコン入れたりしてるだけなの知ってました?

結論はテレビなんで本当に片言くらいしか喋れない人や、あんまし理解が難しい人は出演できないのが普通です。

なのでハーフ女性がそうすれば売れるんじゃないかと思ってやっているだけでしょう。

その証拠にかわいいとも面白いとも思われない男性ハーフはみんなペラペラですよ。ってか日本人と変わりません。

この調子でいくとさらに強烈なキャラが出現してくるんじゃないでしょうか?

どうでもいいかもしれませんが滝沢カレンってロナウジーニョ感ハンパないっすよね。

今回はハーフタレントの喧嘩騒動についてまとめてみました。

この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーリンク




 - ネタ一覧